Tシャツの歴史

イメージ

アートとして、自分の主張を掲げるメッセージとして、企業や商品の広告として、そしてもちろんファッションに。 Tシャツは、さまざまな顔を持っています。皮膚に一番近い存在で、伸縮性がよく、動きやすい。誰にでも受け入れられやすい、 シンプルな普遍性。だからこそ、時代を超え、世界でもっとも愛されているのだと思います。 スポーツウェアとしてTシャツが誕生したのは、1920年頃と言われています。 そのTシャツが、もともとはアメリカ海軍からはじまったことはご存知でしょうか。 ここではみなさんに、プリンタブルウェアの原点であるTシャツの歴史の一遍を、ご紹介しましょう。

episode
1

Tシャツの起源
Tシャツを着た英雄の登場
Heroes wearing T-shirts appeared.

イメージ

Tシャツは、アメリカ海軍の船内で、船乗りたちに下着として愛用されたことがはじまりと言われています。 白いフレアズボンとともに、白い肌着が、船内で重労働を行なう上で最適な服でした。軽く、動きやすく、そして洗えば短時間で乾く。 着替えも簡単。タオルにも使え、ときには白旗にもなる。その機能性の高さが船乗り達の心をつかんだのです。 世界を航海し、戦った海軍の船乗りたちは、アメリカ人にとってのヒーローでした。 自由で、独立心旺盛で、勇気があって賢い。退役し、陸に上がった英雄たちは、その太くたくましい腕をTシャツの袖から覗かせて街中を凱旋したのです。 その健康的なエロティシズムを感じさせる姿に、階級を問わず、アメリカ人の憧れを感じていました。そうして第一次世界大戦中の1930年頃、 下着製造会社だったヘインズ社がそれをコブ・シャツ(水兵シャツ)と名付け、販売を開始。 これがスポーツやレジャーのためだけにデザインされた“Tシャツ”の起源と言われています。


episode
2

映画の中のTシャツ
アンダーシャツから、アウターへ
Recognized T-shirts as outerwear.

イメージ

第二次世界大戦後、強いアメリカの象徴として、陸に上がった船乗りたちが広めたTシャツは、 やがて下着からアウターへと認知されていきました。それは、ジーンズとともに労働者たちのユニフォームとなったのです。 Tシャツがブームとなったのは、1950年代の中頃のこと。敏感に反応したのは、自由を求め、自分自身を表現するアイデンティティを求めたティーンエイジャーたち。 そして、彼らのカリスマとなったハリウッド・スターたちでした。 ジェームス・ディーンが「理由なき反抗(Rebel Without a Cause)」で。マーロン・ブランドが「欲望という名の電車(A Streetcar Named Desire)」の中で。 スクリーンに登場する彼らは、大人たちのかたくるしい価値観へ反抗する労働者の姿を映し出しました。 自由で、セクシーで、そして激しい。 白いTシャツとジーンズは、映画の中と外で見せる彼らの生き方を映し出し、時代遅れの考え方への反抗と挑戦のシンボルとなりました。


episode
3

広告としてのTシャツ
あらゆるメッセージがTシャツになった
Deliver a message from T-shirts

イメージ

デザインも簡単で、安価にプリントできるTシャツは、加工技術の発達と普及と相まり、さまざまな表現の自由を提供するキャンバスとなりました。 1960年代のアメリカでは、企業のロゴなどをプリントした広告としてのTシャツが広まり、コミュニケーションツールとなりました。アメリカの大統領選挙において、Tシャツがはじめて選挙運動の広報ツールとして使用されたのも、この時代です。 Tシャツの白いキャンバスは、政府の、企業の、そして個人からのメッセージを伝えるメディアとなりました グラフィックデザイナーのミルトン・グレイザーが「ビッグ・アップル」のイメージを広めるために1976年に制作した「アイ・ラブ・ニューヨーク」のロゴ。赤いハートと黒いタイポグラフィでつくられたTシャツは、アメリカの象徴ともいえるほどメジャーな存在となりました。このシンプルなロゴとTシャツは、世界中のみやげ品として広がったコピーの量からも、歴史上もっとも有名なTシャツと言えるでしょう。 9.11の世界貿易センタービルのテロの後、ニューヨークの路上に星条旗とともにはためいたこのTシャツは、人々の勇気と希望の象徴として、凛然と輝いていたのです。


episode
4

現代アートとTシャツ
アートの大衆化を引導した
Democratization of arts.

イメージ

現代アートの発展は、Tシャツによって為されたといったら言いすぎでしょうか。アーティスト達は、ひどく難しい、そして彼らにとって受け入れがたい“鑑定”を受けるクラシカルアートの規律からの開放を望んでいました。ポスターよりも、生身のTシャツは、自分たちの作品をより多くの人にアピールする存在として、モダンアーティストの格好のキャンバスとなりました。Tシャツにはきゅうくつさがなく、動くことに自由でいられます。実際、作業をするアトリエでも、多くのアーティストがTシャツを作業着として愛用していたそうです。 中でもアメリカの大衆文化を象徴するポップアートにとって、Tシャツの胸元はポップアートがポップであるがための必然的な芸術表現の場となりました。 70年代アーティスト達はこぞってTシャツを作品発表の道具として使い始めます。カウンターカルチャーの寵児にしてアメリカン・アングラ・コミックの大巨匠ロバート・クラムは、自分の描いたヒッピーのキャラクターをTシャツにプリントしました。 80年代、キース・ヘリングは自身の店「ポップ・ショップ」をオープンし、Tシャツをはじめとする雑貨にキャラクター作品をプリントし、販売していました。 90年代には村上隆が日本のアニメやマンガをモチーフとしたキャラクター作品をTシャツなどで販売することで、ポップアートを継承しました。 Tシャツの持つカジュアルで縛られない、ユニークな個人を象徴するアイデンティティが、現代アートと結びついたことは必然と言えるでしょう。